あなたにあった避妊

ピルを飲む女性

性行為はコミュニケーションのひとつとしてパートナーや恋人などとおこなうことがあります。
また愛し合うということはとても素敵なことですよね。
でも今は子どもを望んでいない人もいます。そんな時のためにあるのがピルです。
ピルには低用量ピルとアフターピルのふたつがあります。ふたつは避妊薬としてとても優秀なお薬です。
低用量ピルとアフターピルであなたももっとセックスを楽しみましょう。
では、あなたにあったピルはどれでしょうか。

ピルの特徴

ピルはたくさんの種類がありますが、みなさんが知っているピルは大きく分けて2つあり、生理に合わせて服用することで避妊をしてくれる低用量ピルと緊急の避妊が必要になったときのアフターピルです。
みなさんが使いやすい方法でピルを選んでみるのも良いでしょう。

低用量ピルの特徴

ピル毎日決まった時間の服用で避妊の効果を発揮してくれます。
基本的な使い方として
28錠のタイプは毎日決まった時間に服用する方法で、21錠のタイプは生理開始日から3週間毎日決まった時間に服用します。その後1週間は服用をやめるという方法です。

  • 28錠タイプはホルモン量が3段階に分かれているので体内にある女性ホルモンを整えながら避妊をしてくれて飲み忘れが無いのがメリットとしても挙げられています。
  • 21錠タイプは生理の周期を正しく起こしてくれるので生理が周期どおりに来てくれるので旅行などの計画を立てやすく、避妊の効果としては28錠タイプと変わりません。

ですが、避妊効果を表すまでに最低でも1週間はかかります。また毎日の服用が面倒という女性はアフターピルの服用を選ぶ方が多いでしょう。

アフターピルの特徴

避妊が失敗してしまったときの最終避妊方法です。低用量ピルよりは効き目は低いと言われていますがそれでも避妊効果はコンドームよりも高い95%以上です。
ただ性行為後72時間(3日)以内に服用することで避妊効果を発揮するため、なるべく性行為後は早めに服用しましょう。また、ホルモンバランスを崩しやすくなるため頻繁に服用する場合は低用量ピルの方が良いでしょう。