アフターピル通販で気をつけたいこと

アフターピルの通販での注意点

緊急で避妊が必要になった場合に服用するアフターピルですが、病院で購入すると高い。ただ、日本では薬事法という法律で病院の処方箋なしで店頭販売することが禁止されています。ですが安全でなるべく安く購入したいという女性でネットの通販を利用して購入を検討されている方もいると思いますが、ネット通販の場合の注意点として偽物が多数存在しているということです。

ですが本物のアフターピルを販売している通販サイトも存在します。アフターピルを通販で購入するにあたり、どうやって見分ければ良いのでしょうか。

店頭でアフターピルを販売しない理由

日本ではアフターピルの購入は病院で処方してもらうことが多いでしょう。日本では薬事法という法律があり「お薬を服用したときに副作用が出たときのために医師が責任を持ちますよ。」という法律です。

お薬にはいろんな薬品が含まれているのでそのお薬でどんな副作用がでるのか熟知した上で処方をしなければなりません。そのために日本ではその責任を持つ人が必要ということなのです。
しかし、通販で購入した場合は海外から直接輸入するする「個人輸入」という形になりますので、副作用がおこったとしても「個人の判断で購入した」ということになるので「自己責任」となります。なので海外製品の個人輸入は違法ではないのです。

しかし、自身で購入した製品を他人にあげたり、売ったりするのは違法になりますので気をつけましょう。

通販サイトの見極め方

アフターピル購入時に電話対応の有無をチェック
アフターピルの偽物を買わないために気をつけて欲しいのが値段です。通販の相場はだいたい千円~三千円前後ですが競売価格が激しいネット通販は値段を一円単位で競うこともありますが気をつけて欲しいのが明らかに値段が安いこと。

相場が千円前後なのに対し数百円だったりするサイトは気をつけましょう。また、商品に欠陥が見られた場合の返品・保証はしっかりとしているか、サイト側に対応窓口があるかなどです。不安な場合にサイト側に確認の電話を入れてみるのもありでしょう。