女性主体の避妊

医者

科学や医療が発達した日本。ですが、女性が主体の避妊率はとても低いと言えるでしょう。
では女性が主体の避妊とは何があるのでしょうか?たとえば低用量ピルやアフターピルといったピル系です。
では女性主体の避妊は安全なのでしょうか?

日本人女性の避妊率の低さ

女性主体の避妊薬ピルは世界で広く知られていて海外では薬局などにも店頭販売されているほど女性が避妊に対して意欲的と言ってもいいでしょう。
ですが日本では女性がピルを使用する率はわずか1%というほどすくないのです。

日本人女性のピルへの先入観

日本人女性皆さんはピルに対してどんなイメージを持っているのでしょうか。きっと副作用が強いという先入観や副作用からくるカラダに悪いというイメージ、服用するといつか赤ちゃんを望んだ時に産めない体質になってしまわないかなどの恐怖ではないでしょうか。それは違います。
なぜならピルはカラダでつくられるホルモンと同じ成分で出来ているからなんです。

ピルは女性ホルモンである黄体ホルモン(プロゲステロン)というホルモンが成分として使われています。この黄体ホルモンを摂取することで生理を人工的に引き起こして避妊をします。生理不順の女性の治療薬としてもこのピルが使われています。

アフターピルの副作用を起こす原因として、黄体ホルモンが大量に含まれているため、一時的に黄体ホルモンを大量に摂取してしまうとカラダのホルモンバランスを大きく乱してしまい副作用が出てしまうというわけです。

お薬の成分がカラダに残るのは2日間だと言われているので、そのあとのカラダに影響するということはないでしょう。
ですが最近では副作用が出にくいアフターピルも存在しています。
使うのであればなるべく副作用を抑えたいですよね。私のおススメはアイピルというアフターピルです。アイピルなどのアフターピルは通販で買うことができます。是非使ってみてください。