Health and Beauty

頼もしい治療方法

数多くの美容外科で行なわれておる治療法テノールは顔のたるみを効果的に改善出来る方法として非常に人気となっています。また、肌に必要な成分の生成もしてくれるので若返りをしたい人にも向いているでしょう。

● 詳細を知りたい!

美容技術の向上

負担を軽減すること、究極的にはなくすこと。それが、美容外科のスローガンであると言えます。手術のための技術は飛躍的に向上して体への負担を軽減し、価格は下がって財布への負担も軽減されているのです。

● 詳細を知りたい!

治療出来る

治療にはどの程度の金額がかかるのか

わきが治療のための手術は保険が適用されるかされないかによって大きく金額が変わります。保険が適用されない場合には手術に大体2,30万円程度かかってしまいます。一方、保険が適用される場合には5万円以下でも手術が可能です。 保険が適用されるには、いくつか条件があります。まず、保険診療はどこの病院でも必ず対応しているわけでは無く、保険診療に対応している病院である必要があります。また、医師によって保険適用である症状を認めてもらう必要もあります。わきがは当人がわきがではないかと思い込んでいても、そうではない場合もあるので医師にしっかりと相談してみる必要があります。もう一つ、わきが治療にはいくつか方法がありますが、その治療方法が保険適用が認められる方法である必要があります。

わきが治療の歴史について

わきが治療の歴史について見てみると、一番最初に行われたのは切除法と呼ばれる方法です。この方法はわき毛が生えている部分の皮膚を皮下組織ごと切り取ってしまうという荒っぽい方法です。この方法はわきがの原因となるアポクリン腺と皮脂腺、それに汗の原因のエクリン腺を根こそぎ取り除くために、わきが対策としては効果が非常に高いのですが、合併症を起こす危険、身体への負担、両端の皮膚を引っ張って縫合するために腕を動かす時に支障が出るなどの問題があります。これらの問題を解消する方法も考えられましたが、今度はわきが治療がきちんと行えない問題も出ました。一時は多くの病院で行われていましたが、現在ではごく限られた病院のみでしか行われていない方法です。 現在主流なのは剪除法と呼ばれる方法です。この方法は皮膚を切り取るのではなく、皮膚にメスで切り込みを入れてめくり、目視しながらアポクリン腺を取り除く方法です。切除法と比べるとリスクは大きく減っていますが、手術に時間がかかり費用が高くなる事、傷跡が目立つ事などが問題となっています。 これら以外にもわきが治療の方法は様々あり、最近では体を傷つけない手術も登場しています。

短時間で

長い時間をかけた施術は、精神的負担も大きいでしょう。近年美容外科で行なわれている施術の一つにヒアルロン酸注射がありますが短時間で若返りが期待出来る画期的な方法としても知られています。

● 詳細を知りたい!

部分的に出来る

科学的立証がなされていない部分やせは、脂肪吸引で改善ができます。しかし、中でもふくらはぎは他の部位よりも非常に難易度が高いので技術のある医師に依頼をする必要があるでしょう。

● 詳細を知りたい!

除去出来る

青くなったあざなど、消えずに放置している人もいるでしょう。原因もありますがやはり改善する為にレーザーの利用が好ましいと言えます。治療法を詳しく知って、後に繋げていけばコンプレックス解消になるでしょう。

● 詳細を知りたい!